爆笑問題田中裕二【過去予想2024年1月〜12月】芸能人東スポ競馬予想で800万的中も赤字!

この記事をSNSでシェア!

 

★東京新聞杯(2024/2/4)

田中裕二の印

◎⑯アヴェラーレ 7着
〇⑦ジャスティンカフェ
▲⑥マスクトディーヴァ
△⑤ウインカーネリアン 2着
△⑭サウンドビバーチェ
△⑨ウンブライル
△⑬トゥードジボン

本命理由

◎⑯アヴェラーレ

3走前の関屋記念はすごすぎた

道中は最内を走り、直線では前が空かない状態

それにもかかわらず進路をこじ開けて差し切り勝ちしたのだ

破った相手はその後 G 2を勝ったディヴィーナ

右回りは【0,0,0,3】だが左回りは【5,2,2,4】

その左回りで1600m は3勝というベストな条件なので、穴馬として狙えるのだ

買い目

3連単1頭軸流しマルチ

⑯-⑤⑥⑦⑨⑬⑭-⑤⑥⑦⑨⑬⑭




★きさらぎ賞(2024/2/4)

田中裕二の印

◎⑥ナムラエイハブ 10着
〇⑧ファーヴェント
▲④ヴェロキラプトル
△⑫ビザンチンドリーム 1着
△⑩ブエナオンダ
△⑨ジャスティンアース
△②インザモーメント

本命理由

◎⑥ナムラエイハブ

前走は平場で2着に負けているため人気は上がりそうもない

ただ3走前の未勝利戦はとても強い勝ち方でした

最後の直線で他の馬を突き放した足は貫禄が違っていた

2走前のデイリー杯2歳 S は 4着になった

しかし、大外枠から外々を回って G 1馬 ジャンタルマンタルの0.5秒差はいい感じ

今回は初めての1800m だが父リアルスティールは1800m の毎日王冠と共同通信杯・ドバイターフを勝ってる

母のナムラアンも全5勝中4勝が1800mで、京都1800m は3勝

このように血統からもこの馬が今回走らない理由が見つからない

買い目

3連単1頭軸流しマルチ

⑥-②④⑧⑨⑩⑫-②④⑧⑨⑩⑫




★根岸S(2024/1/28)

田中裕二の印

◎⑭アルファマム 8着
〇⑩サンライズフレイム 3着
▲①アイオライト
△⑦エンペラーワケア 1着
△⑫タガノビューティー
△③フルム
△⑤ベルダーイメル

本命理由

◎⑭アルファマム

この馬は末脚が素晴らしく、近4戦は常に最速の上がりを見せている

前走の霜月Sはとても強く、信じられない位置から差し切った

今回も前走と同じ東京コースで16頭立て

勝ちタイムの1分22秒7は、4年前に根岸Sを勝ったモズアスコットと同タイム

モズアスコットはその後フェブラリーSも勝っている

もしかするとモズアスコット級とにらんで本命だ

買い目

3連単1頭軸流しマルチ

⑭-①③⑤⑦⑩⑫-①③⑤⑦⑩⑫




★シルクロードS(2024/1/28)

田中裕二の印

◎⑱ショウナンハクラク 5着
〇④ルガル 1着
▲⑰オタルエバー
△⑬アグリ 2着
△⑫メイショウソラフネ
△⑮バースクライ
△⑪サンライズオネスト

本命理由

◎⑱ショウナンハクラク

3走前の京都1200m醍醐Sはとてつもなく強かった

今の京都の馬場は当時と同じとは言い切れないが、58kgを斤量でのあの勝ち方は凄すぎた

その後は57kgを背負い8着と7着

今回は55kgということもあり穴馬としては十分狙えるのだ

買い目

3連単1頭軸流しマルチ

⑱→④⑪⑫⑬⑮⑰→④⑪⑫⑬⑮⑰




★AJCC(2024/1/21)

田中裕二の印

◎④ショウナンバシット 9着
〇⑦アドマイヤハレー
▲⑪チャックネイト 1着
△⑫ボッケリーニ 2着
△①マイネルウィルトス
△⑥サンストックトン
△⑤ホウオウリアリティ

本命理由

◎④ショウナンバシット

の馬は皐月賞までとても良いレースをしていました

そこからダービー・菊花賞・ジャパンCと走り惨敗が続いてしまった

しかし今回のメンバーはそれらに比べると2段階ぐらい下である

さらに中京2200mで勝ったときは重馬場で、タイムは悪かったが勝ち方が強すぎた

阪神2200mのすみれSでは、内から伸びたもののシャザーンに差されて2着

このように今回のアメリカJCCの距離、2200mではなかなかの強い競馬をしてきました

重馬場の皐月賞で、ダービー馬タスティエーラと一緒に抜け出したことに実力を感じた

今回は得意な2200mと力のいる馬場でやれそうな気がする

買い目

3連単1頭軸流しマルチ

④-①⑤⑥⑦⑪⑫-①⑤⑥⑦⑪⑫




★東海S(2024/1/21)

田中裕二の印

◎①ミッキーヌチバナ 7着
〇③ヴィクティファルス 3着
▲⑬ブライアンセンス
△⑭ウィリアムバローズ 1着
△⑩オメガギネス 2着
△⑪タイセイドレフォン
△⑨レッドファーロ

本命理由

◎①ミッキーヌチバナ

この馬はダートを1800mにこだわっている

本番のフェブラリーSよりも、今回の東海Sを狙っているようにも見える

2走前の御陵Sは初めての1800mだったが強すぎた

タイム的にも今回のメンバーと比べて劣るものでもない

これならばやれるに違いない

買い目

3連単1頭軸流しマルチ

①-③⑨⑩⑪⑬⑭-③⑨⑩⑪⑬⑭




★京成杯(2024/1/14)

田中裕二の印

◎⑪マイネルフランツ 10着
〇⑮ジュンゴールド
▲⑭ダノンデサイル 1着
△⑧ハヤテノフクノスケ
△②バードウォッチャー
△⑥アーバンシック 2着
△⑫グローリーアテイン

本命理由

◎⑪マイネルフランツ

このレースにトロヴァトーレが出走していたら抜けた人気馬になっていただろう

そのトロヴァトーレと同じレースでやり合っていたこの馬は魅力的

トロヴァトーレとはデビュー戦と前走の葉牡丹賞で2回対戦

両レースとも負けてはいるものの、道中では併せ馬さながら競い合っていたのはいい経験になっていただろう

買い目

3連単1頭軸流しマルチ

⑪-②⑥⑧⑫⑭⑮-②⑥⑧⑫⑭⑮




★日経新春杯(2024/1/14)

田中裕二の印

◎⑧ブローザホーン 1着
〇⑭サトノグランツ 3着
▲⑬サヴォーナ 2着
△⑦ハーツコンチェルト
△④リビアングラス
△⑫シンリョクカ
△⑪ヒンドゥタイムズ

本命理由

◎⑧ブローザホーン

前走は2番人気だったが心房細動を発症し競争中止

今回も前走と同じ京都2400mだが、賞金的に競争除外になった有馬記念でも買ってみたかった馬

右回りの2400m〜2500mに強く、力がいる洋芝や不良馬場を勝ってきている

現在の京都コースは先週から時計がかかっておりこの馬にとっては最適

だ条件が揃っている今回はやれていいはずだ

買い目

3連単1頭軸流しマルチ

⑧-④⑦⑪⑫⑬⑭-④⑦⑪⑫⑬⑭(⑧→⑬→⑭132.3倍的中




★中山金杯(2024/1/6)

田中裕二の印

◎⑪ゴールデンハインド 9着
〇⑧ボーンディスウェイ
▲④エピファニー
△⑩マテンロウレオ
△⑮マイネルクリソーラ 3着
△⑰エミュー
△⑦ククナ 2着

本命理由

◎⑪ゴールデンハインド

今回はオークス以来の出走ですが、注目したいのは2走前のフローラS

東京2000mを逃げて勝つことは難しい

それにも関わらず逃げ切って勝ったのは力がなければできないはず

で中山コースでは差してかった経験もあり穴馬として狙える1頭

父はゴールドシップで祖父はステイゴールド

金杯はゴールドづくしで、2024年はパリ五輪もあるのでやれるはず

買い目

3連単1頭軸流しマルチ

⑪-④⑦⑧⑩⑮⑰-④⑦⑧⑩⑮⑰




★京都金杯(2024/1/6)

田中裕二の印

◎①メイショウシンタケ 6着
〇⑤ダノンタッチダウン
▲⑱アヴェラーレ
△⑮ドーブネ
△⑨セルバーグ
△②コレペティトール 1着
△⑬マテンロウオリオン

本命理由

◎①メイショウシンタケ

今回はメンバー的に前に行く馬が多い感じ

それならば差し馬のこの馬は狙いどころ

前走の京王杯AHではインパクトのある上がり最速タイムをマーク

1着のソウルラッシュの上がりタイムよりも0.4秒早いのだ

G1級の差し脚ともいえるので狙える

買い目

3連単1頭軸流しマルチ

①-②⑤⑨⑬⑮⑱-②⑤⑨⑬⑮⑱




★フェアリーS(2024/1/7)

田中裕二の印

◎⑭ニシノティアモ 5着
〇⑥スティールブルー
▲⑨キャットファイト
△⑩キャプテンネキ
△⑫ジークルーネ
△⑪テリオスサラ
△①ラヴスコール3着

本命理由

◎⑭ニシノティアモ

新馬戦では17番枠からインをついたが直線では前が開かなかった

それでも2着に食い込んだ力は凄すぎる

2戦目で勝ち上がってきたことから競馬のセンスは半端ない

中山の1600はぴったりと合いそうなのでやれる

買い目

3連単1頭軸流しマルチ

⑭-①⑥⑨⑩⑪⑫-①⑥⑨⑩⑪⑫




この記事をSNSでシェア!