Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

林修の今でしょ【フェブラリーS】馬券講座!今週の芸能人競馬予想!東大卒で予備校講師の見解!

Pocket

林修さんは今や日本では知らない人がいないほど有名な予備校講師です。

自分では芸能人ではないと言っていますので、れっきとした予備校講師です。

しかし予備校講師と言いながらも、毎日のようにテレビに出演していて、クイズ番組だったり商品の宣伝番組だったり、芸能人に知識を教える番組が多いです。

その中で、林修さんは競馬に関しての知識も豊富で披露しています。

30年くらい前から競馬をはじめているようで、競馬に関しても詳しく、新しい情報を教えてくれます。

しかし、競馬予想は難しいようで、予備校講師のように教え子を東大や京大の受験に合格させるように、簡単にには行かないと言っています。

でも、林修さんは競馬が大好きで、東大卒の頭脳を持っていますので、一般の方よりも情報量が多いので馬券を買うときの参考になると思います。

日曜日のメインレースが中心になりますがご参考ください(゚∀゚)

スポンサーリンク

林修の今週の注目馬

今週はフェブラリーSの傾向と注目馬です!



フェブラリーS(2020/2/23

「グルメフロンテ...」の画像検索結果

フェブラリーSの傾向

令和2年初のG1です。

去年は7連勝で1番人気でのインティがフェブラリーSでG1を初めて制しました。

去年の最初の3Fは35.8秒と遅く、4コーナーを回った時点でインティの勝利は確定していましたね。

強い逃げ馬がいいペースで逃げているので、後続馬はなかなか仕掛けられませんでした。

もしインティを追いかけたら、自分が潰れてしまうのでは?と思うので、インティのような強い馬が主導権を握ってしまうと、そのままレースを制してしまうことが実際に起きます。

どの馬が、どの騎手で、どのくらいのペースで逃げるのかというシミュレーションをして、早くなると見れば後ろから、ペースが落ち着くと見れば前から行く馬を選ぶのが、このフェブラリーSの定石です。

この東京1600㍍の特徴として、最初は芝のコースを横切ります。

例えば東京1400㍍だとものすごい強いのに、スタートが芝になると実力が発揮できない馬が出てきます。

そのようなことを考えながら予想するのがフェブラリーSです。

 


林修の注目馬

◎⑦ヴェンジェンス 

「ヴェンジェンス...」の画像検索結果

前走の東海Sでは2着でしたが、インティをきっちり差しました。

この馬はインティよりも人気がありませんが、ここ3戦だけで考えるとヴェンジェンスの2勝1敗と勝ち越しています。

問題は左回りのチャンピオンズCでインティのほうが先着しています。

先行有利の中京競馬場で、ペースも落ち着いたこともあり、差し脚が発揮できませんでした。

そう考えれば東京競馬場は直線が長くて、後ろから届きやすい今回のフェブラリーSは、インティと因縁の対決は再びヴェンジェンスに軍配があがる可能性が高いのではないでしょうか。

芸能人競馬予想【フェブラリーS・ダイヤモンドS・京都牝馬S・小倉大賞典】細江純子とみんなのKEIBAのDAIGO!当たる無料軸馬買い目公開!

 

林修の【過去】の本命馬

林先生は過去どの馬を本命にしているでしょうか

林修の今でしょ馬券講座 東大卒【過去予想】芸能人競馬予想!

共同通信杯(2020/2/16

「共同通信杯 過...」の画像検索結果

共同通信杯の傾向

共同通信杯は後々出世する馬たちがいっぱい勝ち馬には名を連ねています。

過去10年でG1馬が5頭です。

ゴールドシップ、イスラボニータ、リアルスティール、ディーマジェスティ、スワーヴリチャードです。

過去にこれだけG1馬が出る理由は、東京競馬場の1800㍍はコースの形状がワンターンで、1回だけ3,4コーナーを回ってくるだけで、基本的には実力通りに結果が出やすいレースと言えます。

もう一つの理由は、3歳の最終目標は日本ダービーで、一度は東京競馬場を経験させたいという厩舎側の思惑もあります。

しかし、この10年間で1番結果を残しているのは1番人気ではありません。

過去10年で1番人気は1勝だけ。

2番人気も2勝。

3番人気が、1着4回、2着2回、3着2回と、合計8回馬券に絡んでいます。

理由はわかりませんが、このレースに挑んでくる1番人気と2番人気は、ここが目標ではなく、その先のクラシックレースに標準をあわせてくるので、現段階ではベストの状態ではないと言えます。

ここで権利を取りたい馬で、実力があるので3番人気に支持され、実力を出し切って本番に向かうという差があるのかも知れません。


林修の注目馬

◎ダーリントンホール 1着

「ダーリントンホ...」の画像検索結果

前々走の札幌2歳Sでは3着。

前走の中山競馬場で行われた葉牡丹賞でも3着。

勝ちきれないが、かと言って大崩をしているわけでもない。

血統的に見ればヨーロッパ血統で、どちらかといえばスピード決着よりも重い馬場に向いています。

今週の日曜日の天気は、予報によれば怪しいので、もし思い馬場になれば、勝ちきれなかったこの馬が、ようやく主役に躍り出るのではないでしょうか。


芸能人競馬予想【フェブラリーS・ダイヤモンドS・京都牝馬S・小倉大賞典】細江純子とみんなのKEIBAのDAIGO!当たる無料軸馬買い目公開!

スポンサーリンク

きさらぎ賞(2020/2/9

「きさらぎ賞 過...」の画像検索結果

きさらぎ賞の傾向

数々の名馬が勝利を挙げたレースです。

1995年に勝ったスキーキャプテンは、姉がスキーパラダイスで武豊騎手が騎乗し、1994年にフランスのムーランドロンシャン賞(G1)を日本馬で初めて勝利した馬の弟です。

そういうこともあり、デビュー前から評判が高く、きさらぎ賞に出走しあっさり勝利し、この年のクラシックの有力馬と目されたいました。

しかし、スキーキャプテンはたくさんの期待があったので、さらなる高みであるアメリカのケンタッキーダービーに挑戦しましたが勝つことはできませんでした。

そしてその後は故障を発生し、復帰して1戦走りましたが、本来の姿が見られず引退しました。

まさに未完の大器という言葉がピッタリの馬でした。

そのような馬も今週のきさらぎ賞に名を残すレースです。

 

去年のきさらぎ賞はタガノディアマンテが後方から2着に突っ込んできましたが、よくそういうことはあります。

その理由として京都1800㍍というコースの形状があると思われます。

コーナーが2回で外回り。

力が存分に発揮できるまぎれの少ないコースであり、外回りの直線は長いですから、去年のタガのディアマンテのように、直線で鋭い足を見せる馬が過去しばしば見受けられます。

 


林修の注目馬

◎コルテジア 1着 的中!

「コルテジア 馬」の画像検索結果

前走はシンザン記念では3着となり、1,2着馬とは確かに差をつけられましたが、しぶとく脚を伸ばして3着。

前々走のデイリー杯2歳Sでは、逃げて馬群に沈みました。

この時期にすでに脚質転換が上手くいった可能性があります。

しかも未勝利を勝ったのは京都1800㍍で、その後の重賞は1600㍍で走って負けていますが、距離的にも今回のきさらぎ賞は1800㍍となるので、得意の条件で今回こそ主役になるのではないでしょうか。


芸能人競馬予想【フェブラリーS・ダイヤモンドS・京都牝馬S・小倉大賞典】細江純子とみんなのKEIBAのDAIGO!当たる無料軸馬買い目公開!

シルクロードS(2020/2/2

「シルクロードS ...」の画像検索結果

シルクロードSの傾向

このレースで何事も思い込みは良くないと痛切の思い知らされます。

そのレースは2002年のシルクロードSで、1着になったのが14番人気のゲイリーフラッシュです。

ゲイリーフラッシュは前走の淀短距離Sで、シルクロードSで同じ条件で5着にきていました。

しかも前の年のシルクロードSでは4着に来ていました。

だからこの条件は非常に合う馬で、2002年のシルクロードSでは52kgの軽ハンデでしたので十分好走する可能性はありました。

しかし9歳場で14番人気だったので、ろくに新聞を見ないでバッサリ切ってしまい、実際には1着なって口が空いたままになってしまいました。

自分のデータの見方が甘いかと反省したレースは過去にはないでしょう。

実際に過去の10年1着になっているのは人気どころですが、2着3着に人気薄の馬が突っ込んでくることがあるので、穴党としてはたまらないレースです。

2011年以降、2017年を除き、毎回2着か3着には二桁人気の馬が1頭または2頭馬券に絡んでいます。

荒れる理由としては、時期が問題になっていると思われます。

このシルクロードSでベストの状態にするのか、それとも目標が先にあるのか、なにしろ京都実績のある馬が大事です。


林修の注目馬

◎①レッドアンシェル 18着

「レッドアンシェ...」の画像検索結果

前々走の彦根Sでは、京都競馬1200メートルで1分7秒3という速いタイムで勝ちました。

前走のCBC賞は不良馬場で合わないと思っていましたが、1分9秒8という遅いタイムで勝ちました。

これだけ条件が違うのに、両方とも勝てるということは、スプリンターとしての能力は非常に高いです。

あれだけの能力を持っている馬ならば、G3のシルクロードSは突破してくれるのではないでしょうか。


芸能人競馬予想【フェブラリーS・ダイヤモンドS・京都牝馬S・小倉大賞典】細江純子とみんなのKEIBAのDAIGO!当たる無料軸馬買い目公開!

林修の今でしょ馬券講座 東大卒【過去予想】芸能人競馬予想!

 

スポンサーリンク