林修の今でしょ馬券講座【過去予想2024年1月〜12月】東大卒の芸能人競馬予想!

この記事をSNSでシェア!

 

★根岸S(2024/1/28)

今週は東京競馬場ダート1400㍍で根岸Sが行われます。

去年はレモンポップ強かったですね

その後G1のフェブラリーステークスでも勝ちました

根岸ステークスをきっかけにしてその後G1を連勝しました

根岸Sの過去10年

根岸ステークスの主な路線は3つ

過去10年1着から3着の馬30頭

  1. 前走、武蔵野ステークス:7頭
  2. 前走、チャンピオンズカップ:6頭
  3. 前走、オペラステークス:5頭 など

意外にバラバラな結果になっております

去年、武蔵野ステークスの1着2着の馬が根岸ステークスで1着2着になりました

前走、武蔵野ステークス

1着ギルデッドミラー

2着レモンポップ

次走、根岸ステークス

1着レモンポップ

2着ギルレッドミラー

前走の結果は大事だが、前走の距離とレース内容を吟味する必要がある。

例えば前走を1800mを走ったものの若干距離が長かったかもしれない

そのため距離を縮めた方が良いのかもしれない

なので距離が縮まった1400mの根岸ステークスに参戦する

逆に1200mでは足を余した馬が、もう少し距離が伸びた方が良いとそう思って今回1400mの根岸ステークスに参戦する

そういう時は、前走の着順を無視して馬券を買うというのもありですね

ですから前走のレースはよく見ましょう

林修の注目馬

◎③フルム 5着

前走は中京競馬場1400mで1着になりました。

この馬は左回りの1400mが一番適したコースだと思いました

鞍上は水口騎手で、22戦中20戦に乗っています

人馬ともに重賞初制覇がかかっています。応援しないわけには行けませんね

というわけで僕はこのフルムから行きます👊




★東海S(2024/1/21)

今週は京都競馬場ダート1800㍍で東海ステークスが行われます。

芝とダートの違いは、タイムが全然違います

ダートのレースはパワーとスタミナが重要です

年齢的にも芝とダートでは違いがあります

芝の場合は高齢の馬はだんだんと通用しなくなります

それに対してダートの場合はベテランが頑張ります

東海Sの過去10年の年齢別勝利

4歳馬:1勝

5歳馬:5勝

6歳馬:2勝

7歳馬:2勝

ダートの場合はパワーとスタミナが必要ですから、キャリアを積んでそしてスタミナがあれば十分長く活躍できます

林修の注目馬

◎③ヴィクティファルス 3着

前走の初ダート太秦ステークスではすごい切れ味で勝ちました

このレースを見た時にダートの新星が登場したと確信しました

あの足を見せてくれれば良いのです

あの再現を願って僕は③ヴィクティファルスから行きます👊




★日経新春杯(2024/1/14)

今週は京都競馬場芝2400㍍で日経新春杯が行われます。

ここ3年は中京競馬場で行われていました

今年は京都に戻ってきました

なのでここ3年のイメージは改めた方がいいでしょう

ハンデ戦ですが、京都の外回り2400mは、実力通りの結果を出すことが過去は多いです

ハンデの軽い馬の方が有利ですが、ハンデの重い馬でも耐えられれば実力通りの結果が出せる、ということもある

日経新春杯・林修の注目馬

◎⑤レッドバリエンテ 6着

2走前の3勝クラスを勝ち上がった時に、非常に鋭い末脚を発揮しました

この足が使えるならオープンに上がっても通用するだろう

今回重賞も2回目です

もうペースにもなれたでしょう

じっくり足を溜めて、京都の長い直線にかければ、十分に差し届く

それを期待して僕はレッドバリエンテから行きます👊




★フェアリーS(2024/1/7)

今週は中山競馬場芝1600㍍でフェアリーSが行われます。

とにかくこのレースは荒れます

フェアリーSの過去10年

1番人気:1勝

2番人気:1勝

このように人気通りになることは珍しいですね

2023年、去年は11番人気のキタウイングが1着になりました

キタウイングは出走メンバー中、唯一の重賞レース勝ち馬でした

その重賞とは新潟2歳Sですね

また3着に好走したスピードブライトは、前走京王杯2歳Sで3着と好走していました

その組み合わせを買ったところ、馬券が的中したのです

注目ポイント

過去の傾向を見ると、前走重賞レースに出走していた馬で、着順は不問です

前走8着以下だった馬:4勝

重賞でしたら巻き返しますし、去年のキタウイングも前走はG1阪神JFを14着

そしてフェアリーSで1着になったのです

この時期の3歳レースですから、情報が少なくて何を買ったらいいのか分かりません

お正月も間挟むので調整も難しいようです

もしかして1年で一番難しい重賞かもしれません

ただこの冬の時期、体調を維持している馬を、パドックをよく見ることで、太め残りになってる馬を見つけて、何とか勝ち馬を見つけて、今年1年をいい年にしましょう

林修の注目馬

◎⑪テリオスサラ 7着

僕はこの馬から行きます👊




この記事をSNSでシェア!