競馬予想tv【スプリンターズS・シリウスS・ポートアイランドSなど】水上の買い目狙い目!井内と小林ルリカ!たくみは降板?

Pocket

競馬予想TV、各予想家の特徴と太組不二雄(たくみ)はどこに?

井内利彰さん

自分のペースで調教で予想します。

調教師との関係も深いようで、レース後の競走馬の動向を詳しく解説してくれます。

水上学さん

血統予想ですが、なかなか出演時の成績が良くなく、太組不二雄さんに突っ込まれて、怒っていました。

しかし最近は太組不二雄さんに突っ込まれても、受け流すスキルを身に付けています。

また2019年は馬券の調子も良いようで、太組不二雄さんのツッコミを笑う余裕すら感じられます。

高柳誠司さん

指数と牝馬の血統を中心に予想しています。

ブルース・ロウが著書のファミリーナンバーという、牝馬の系統を探って馬券を買っています。

簡単に言うと水上学さんの血統予想の牝馬版と言えます。

高柳誠司さんは一見やさしそうですが、他の予想家から突っ込まれると、頭から湯気が出ているようにカッとなって、激昂することがたまにあります。

そしてアイドルが好きなようで、元アイドリングの横山エリカさんが番組アシスタントになった時は、興奮していていました。

亀谷敬正さん

種牡馬の血統を重視して予想をしています。

しかし水上学さんのような細かい血統予想ではなく、父が何系か?母の父が何系かにこだわり、アメリカ血統、ヨーロッパ血統、日本血統と分類して、予想を楽しんでいます。

2019年はあまり馬券が的中したところを見ていません。

小林弘明さん

指数や調教、風とか、いろいろな要素を加味して予想をしています。

基本的には指数がメインですが、臨機応変に当該レースを予想し、血統だけにこだわるとか、指数だけにこだわるといったことはありません。

一度競馬予想TVの成績で、三冠を獲っているので、それを気に調子に乗ってしまって、オレが一番という雰囲気を醸し出し、毒舌を放つことがあります。

しかし、最近は三冠を獲った勢いが減退しているので、最近はおとなしくしています。

市丸博司さん

唯一三冠を二回獲得しています。

しかしこの栄光は過去の産物のようで、最近は競馬予想TVで予想を披露しても、的中することが少なく、太組不二雄さんから当たらないことや、矛盾を指摘されると、高柳誠司さんよりも激昂するので、太組不二雄さんが出演する際は、休んでしまったこともあります。

太組不二雄さん

ある馬が4コーナーでどの位置にいて、そのレースはどのようなレースだったかを分析し、1着になる馬を探る予想です。

予想としては画期的な予想法ですが、太組不二雄さんは皆さんから嫌われていて、太組不二雄さんが発言すると、場が荒れることが多いです。

視聴者から観ていて気なるところは、ガラが悪く相手の立場に立てないというところです。

ただ太組不二雄さんはガラが悪い割に神経質で、各予想家が気づかないこところに気づき、太組不二雄さんが指摘すると、本質を突かれたという思いで、他の予想家は太組不二雄さんに激昂することもあります。

また、太組不二雄さんは常識にとらわれないようで、各予想家の常識に沿った予想に対して指摘すると、「太組不二雄は何を言っているのか?」と他の予想家は思い、太組不二雄さんにマジ切れします。

そのマジギレされたことに太組不二雄さんも応戦しますが、1対8という不利な立場での応戦なので、文句を言いながら退散します。

しかし、この太組不二雄さんの発言に対して、唯一小林弘明さんは納得がいくこともあるようで、太組不二雄さんに同調することがあります。

でも、司会の見栄晴さんからは目の敵にされているようで、チクチク文句を言われています。

太組さんは最近は不適切発言があったようで競馬番組で謝罪していましたが、翌週には不適切発言を連発し、何に対して謝罪したのか不明のままです。

その後、太組不二雄さんは市丸博司さんに嫌味を言って、市丸博司さんが放送中に切れるという近年にはまれな出来事が起きました。

翌週から太組不二雄さんの出演は無くなり、2020年、年が明けても太組不二雄さんは競馬予想TVでは明けていません

謹慎処分でも食らったのでしょうか。

やめさせられたのでしょうか。

一応、2019年度の番組の回収率などの発表の時のボードに、太組不二雄さんの名前は残っていました。

しかし、2020年度の予想家の名前に太組不二雄さんの名前は無かったのです。

卒業ですか?

気になるところですが、まだ今後の様子を見たいと思います。

夏目耕四郎さん

当該レースの距離、競馬場で過去どのような流れになるかを分析し、当該レースに合った馬を選ぶという予想法です。

予想に自信があるようですが、他のパネラーに突っ込まれると、あっさり意見を引っ込めてしまうくせがあり、もどかしいところがあります。

キムラヨウヘイさん

2018年から競馬予想TVに参加した予想家です。

いろいろなデータを駆使して予想しているので新鮮です。

調教、血統、指数や騎手のパターンなども考慮しています。

例えば、Mデムーロ騎手は前哨戦のレースではあまり力を入れず、いろいろしているような騎乗振りがあると述べ、本番のG1レースではしっかり1着を狙ってくる騎手である、という面白い話もします。

優しい語り口の反面、水上学さんから街中にいる宗教の勧誘の人みたいと揶揄されています。




競馬予想TV・おすすめの予想家は?


引用:https://k-beam.com/

個人的に安定している予想家は誰か?と考えると小林弘明さんです。

発言が理路整然としているのでわかりやすく、成績も安定しています。

小林弘明さん自身も自負しているようで自信があるようです。

そのため騎手や調教師、その他競馬関係者に対して、とても横柄な態度を取ることがあるようです。

しかし言いたいことを言っていますが、その言いたいことも面白く、太組不二雄さんのように引いてしまう発言ではないので、見ている分には飽きません。

でも、成績が悪くなったときに大人しくなるので分をわきまえている人のようです。

また、水上学さんの血統の話も知らないことを知ることができるので、個人的には楽しく聞いていますが、なにせ今までの競馬予想TVでの成績があまりよろしくありません。

もし水上学さんの予想を参考にするなら、「この馬は3着までには絶対来る!」「この馬は危険だ!」と言ったときに、その水上学さんの意見とは逆の解釈をしてみてはいかがでしょうか?

「この馬は3着までには絶対来る!」→じゃあ馬券に絡まないかな。

「この馬は危険だ!」→じゃあ3着までには来るな。

水上学さんには悪いですが、そのように参考にしても良いのではないでしょうか。

でも2019年のシーズンは好調でしたので、その年の水上さんの傾向をみたほうがいいです。

レースの傾向ではなくて😏

調教を確認したい場合は井内利彰さんを参考にしてみてください。

落ち着いた話し方で調教を解説してくれますので、安心して聞くことができます。

時々、相手の矛盾を興奮して責め立てるところは見どころです。

最近、面白いと感じるのはキムラヨウヘイさんです。

キムラさんは水上さんに反論されたときに奥歯を噛むことがあります。

しかし論破されたわけではないのです。

ある日、水上さんが「この馬は強いんだよ!」とキムラさんに言ったときに、キムラさんは奥歯を噛んだのです。

この状況を見ているとキムラさんが論破された感はあります。

しかし、後日、YouTubeのネット競馬ドットコムで、競馬予想TVを卒業したと思われる「太組不二雄」さんに相談していたのです。

太組不二雄さんとキムラヨウヘイさんは東洋大学の先輩と後輩。

キムラ「水上さん、あの馬は強いんだよ、って決めつけるんですよ」

太組「あんなのはほっとけば良いんだんよ」

こんな会話があり、このことから水上さんに論破されたのではなく、決めつけにキムラさんは参っているようです。

キムラさんにとってお父さんのような年齢差の水上さん。

「決めつけるんじゃないよ😏」とは言えないようです。

言ってしまうのは卒業したと思われる、太組不二雄さんくらいなのかもしれませんね。

★全体的な予想→小林弘明

★血統→水上学

★調教→井内利彰

★愉快→キムラヨウヘイ

こんな感じです。

1 2 3